ギター自作キットはこれがおすすめ!費用も抑えてDIYを楽しもう

趣味・興味

ここ数年でおうち需要が高まり、DIYが人気を集めているのは皆さんもご存知かと思います。

そんな中で、実はひっそりと爆発的な人気を集めているのが「ギター自作DIY」!

この記事では、

  • 興味はあるけどどれを買えば良いかわからない
  • ちゃんと作れるか自信がない
  • 費用はできるだけ抑えたい

という方向けに、そんな悩みがまるっと解決する、ギター自作キットのおすすめをご紹介いたします♪

ギター自作キットで迷ったら…おすすめはこれ一択!

DIYギターは、DIYでおうち時間を楽しめるだけでなく、作った後も演奏して楽しめるのが魅力でもありますよね。

しかし、ギター自作キットを買って、DIYしてみたい…と思って通販サイトを見てみても、

  • どれにすれば良いんだろう?
  • 工具は何を揃えればいい?
  • ちゃんと作れるのか不安…

と思う方も少なくないと思います。


私がおすすめするのは、そんな悩みをすべて解決してくれるプロの専門サイト

『DIYギターキット専門店』です。


DIYギターキット専門店は、

「初めての方」にはプラモデルの組立てのように! 「ギター経験者やこだわる方」にはとことんこだわれるように!

をコンセプトとしており、初心者でも作れる、かつ、クオリティの高いギターを作ることができるんです♪

おすすめポイント❶初心者にも優しい

ギターが家具のDIYと違う点は、「演奏できる」という点にあります。

ゆえに、

自分で作ってちゃんと演奏できるものが作れるのだろうか?

DIY自体、初心者なんだけど…

なんて思ったりしますよね。

ギターにもタイプが複数ありますが、DIYギターキット専門店なら、初心者向けのキットもあるので安心です♪


ほとんどの方がギターを作るのは初めて、そしてDIYも初挑戦という方も多いのだそうですよ。

そりゃそうですよね、ギターを何本も自作している方なんて、そういないでしょう。。


いくつかご紹介しますね!

テレキャスタータイプ

テレキャスターは、そもそもの構造が簡単で配線も単純

ハンダ付けも少なくて済みます。

それに加えて、難易度の高いコントロール部分の配線を済ませた簡単組み立て仕様のキットなら、配線に不安がある方でも安心です。

他にも、こちらのストラトキャスタータイプも、初心者に優しい配線済みタイプです♪

ストラトキャスタータイプ(リバースラージヘッド)


他に初心者向けなのが、

ファイヤーバードタイプ(ボルトオン)
レスポール TYPE DIYキット(ボルトオン)
モッキンバードタイプ DIYキット(ボルトオン)

これらのように、「ボルトオンネック」で、「固定式ブリッジ」のギターです。

ボルトオンネックとは、ボディとネックをネジで固定するタイプで、本格的に接着が必要なセットネックタイプよりも、簡単に組み立てることができます。


そして、ブリッジというのは、

上記部分で、弦を固定して、音にも大きく影響する部分です。

ここがギターによって違うのですが、固定式ブリッジの方が失敗が少なく簡単に取り付けできます。

このようにギター自作キットのラインナップも複数あり、初心者でも安心です。

おすすめポイント❷サポートが受けられる

購入前から、購入後の組み立て時まで、わからないことがあればLINEやメールで問い合わせれば答えてくださいます!

大手通販サイトだと、販売店としてただ販売しているだけで、専門店ではないことも多いです。


ですが、DIYギターキット専門店は「専門店」ですので、困ったことがあれば問い合わせができ、販売者との距離が近いところも安心です。

また、サイト内には作成マニュアルが掲載されており、動画も使用しながら詳しく解説してくれています。


これらのサポートの厚さは、専門店ならではですよね。

おすすめポイント❸費用を抑えられる

ギター自作キットの内容は、ギターのパーツのみで工具などは入っていません

既にDIYをやられている方は良いですが、これから始める方は用意する必要があります。


必要な道具は・・・

絶対に!必要な道具
  • 電動ドリル
  • 電動ドリル用先端(ドライバー&ドリル)
  • ハンダゴテ
あった方が良い道具
  • 直角スケール
  • サンドペーパー(100~300番、超きれいにするなら600番くらいまで)
  • サンドペーパー用パット
こだわりやお好みで
  • オイルフィニッシュ用オイルとウエス

サンドペーパーは、あった方が良いと書きましたが、実際には必需品だと思います。

どうせなら、ピカピカに仕上げたいですよね?


DIYギターキット専門店では、これらの、
【絶対に必要な道具+あった方が良い道具+他便利グッズ計11点】を、2週間レンタルできるんです♪

レンタル価格は2,200円(税込)なので、このためだけに買うのはちょっと…と思われる方は、レンタルすれば費用を抑えられます。


電気ドリルだけでも、安くて2,000円くらいはしますもんね。

あまり安くてすぐ壊れたり使いづらかったりしてもなんですし。。


これなら、店主が厳選して使いやすいものを選んでくれていますので、どれを選べば良いかよくわからないならなおさら、失敗せずに済むのでおすすめです。

単純に組み立てだけなら3時間程度、そこから研磨したり手を加えていっても、みなさん2週間あれば完成できるそうですよ^ ^

ギター自作キットの費用はどのくらい?

DIYギターキット専門店で取り扱いのある自作キットの価格は、商品によってまちまちですが、大体20,000円前後〜35,000円前後、といったところです。

通販サイトなどと比べても、専門店だからといって特別高いわけではありません。


むしろ、有名ブランドを製造している工場で製造されている専門店という安心感と、サポートも受けられることを考えると、コスパは良いと言えるのではないでしょうか。

費用は?となると、ここに道具も必要になってきますので、ご自身がどの道具を持っているのかにもよりますよね。


何も持っていなくても、レンタルすれば、費用はプラス2,200円で済みますので、さらにお得です♪


まとめ

以上、「ギター自作キットはこれがおすすめ!費用も抑えてDIYを楽しもう」についてでした。

まとめると、

  • ギター自作キットは、種類も豊富でサポートも受けられる『DIYギターキット専門店』での購入がおすすめ。
  • 費用は約20,000円くらい〜。工具の購入も必要だけどDIYギターキット専門店なら2,200円でレンタルできる。

ということですね。

世界に一つだけのオリジナルギター作り、ぜひ、チャレンジしてみてください♪

塗装までしっかりやって仕上げたら、めちゃめちゃかっこいいですね!

タイトルとURLをコピーしました