たまごっちが再ブーム?たまごっちスマートの評判は?

趣味・興味

一大旋風を巻き起こしたと言っても過言ではない、たまごっち。

私は中学生の時、クラスメイトが持っているのを見て、何それー!かわいい!と一気に心を奪われ、親におねだりしたことを覚えています。

いったん姿を消した時期もありましたが、ここまで継続して多くの人の心を掴んでいるおもちゃも珍しいのではないでしょうか。

そんなたまごっちに再ブームは到来しているのか?

はたまた「たまごっちスマート」なるものまで登場しているが、その評判は?

などについてまとめてみました。

たまごっちに再ブーム到来?

ここ近年で言うと、明らかにバズを起こした「再ブーム」というのはありません。

再ブームが来ているとするならば、後半でお伝えする「たまごっちスマート」でしょうね。


ですが、過去には明らかに大爆発を起こした時期もあります。

ここではまず、簡単にたまごっちの歴史にも触れてみましょう。

【1996年】

まず、たまごっちが初めて発売されたのは、1996年。

こんな姿です。

https://twitter.com/yuma_k_0712/status/1557302192465649664?s=20&t=-Uhdw84n_Q3EM1ILovJtxg


私は流行に疎かったこともあり、初めて知ったのは、そろそろ下火になろうかという時期だったように思います。

そもそものターゲットは女子高生だったそうで、それよりも年代が下の私の元に届くのが遅かったのかもしれません。


発売から2年間での売り上げは、なんと4000万個!・・・と言われても、桁が違いすぎて現実味がなく、正直ピンと来ないですね。。

供給が追いつかず、もっともっと!と増産しているうちに、だんだんとブームが下火になり、結局は大赤字になってしまったのだそう。


この段階で、たまごっちはいったん姿を消しています。

【2004年】

その後、2004年に、まさに再ブームが到来します。

この時発売されたのは、「かえってきた!たまごっちプラス」というもので、ただ育てるだけでなく、赤外新通信でたまごっち同士が友達になれる機能もありました。


これ、私もよく覚えているのですが。

当時、働いていたお店で、子供が何やらピコピコやっていて、「それなぁに?」と聞いたら、「たまごっち!」と言われたんです。


え?たまごっち?懐かしい〜!!

てゆーか、いまだにそんなのやってるの??

て思ったんですよね。


たまたま家族が持ってたものとかなのかな?と思ったのですが、聞くと、すごく流行ってるようで「みんな持ってるよ!」と。

(子供は「みんな〇〇」と結構すぐ言うので、実際にはみんなではないと思いますが。)


へぇ〜、こんなに長くみんなに愛されるたまごっち、すごいなぁ…と感心したわけです。

そこからは、販売が中止になることもなく、マイナーチェンジやコラボを続けながら、ずーっと世の中に出回り続けています。


モノクロのカクカクしたデジタル画面も健在で、卵型のかわいいフォルムと、操作に必要な3つのボタンは相変わらず。

これはメーカーさんが25年間こだわってきた部分でもあるそうで、ガラッと変わり果てた姿になってしまっていないところも、好印象ですね。


そして、一度卵から孵したら、死ぬ(もしくは家出)まで一時停止はできないという点も、一貫して守ってきているそうです。

【現在のたまごっち】

たまごっちが人気の理由の一つとして、コラボ商品に勢力的という点があると思います。

過去にも、「鬼滅の刃」「呪術廻戦」などとコラボし、その度、話題になりました。


今後も、続々コラボ企画が登場するようです!

また、最新型として注目なのが、「たまごっちスマート」ですよね。


NiziUをアンバサダーに迎え、NiziUをイメージしたカラーのたまごっちスマートもあります。

知ってる方は良いですが、知らなかった方、想像できますか?


スマートウォッチってあるじゃないですか、あのいろいろ操作できるスマホみたいな腕時計。

あんな感じで、なんと、たまごっちが腕時計と一体になっているんですよ!


腕時計として、腕にいつもたまごっちがついているって状況、どうなんでしょう?

ちょっとやりすぎじゃないの〜〜??と思ったのですが、評判は・・・

たまごっちスマートの評判は?

ネット上を探ってみましたが、いやはや、これってちょっとどうなの〜?と思ったのは、私がおばさんだったからみたいです^^;

いわゆるZ世代や子供たちには、人気のようでした!


流石に、あのカクカクした白黒液晶ではないですが、こう見るとカワイイですね、何だか欲しくなってきます・・・


あとは、腕にはめなくても、バンドを通さず携帯型たまごっちとして持ち歩いている人も多いんですね。

それならおばさんの私にもわかりやすいかも!

腕時計=腕にはめるもの、という発想自体が頭カチカチのおばさんでした〜。


たまごっち初代はもう手に入らない?

初代が欲しい!と思う人もいるかもしれませんが、現在生産はされていません。

フリマサイトや通販サイトで販売されていることもありますが、プレミア価格になっていますし、中古品も多いです。


と言っても、手が届かないほどの馬鹿高い値段ではないですよ。

楽天とアマゾンで販売されていたので、覗いてみてください。

他、お店では購入が難しくなった、今までのたまごっちもありましたので、ストア内を検索してみてください。

まとめ

以上、大きなバズを起こしてから、ずーっとたくさんの人に愛され続ける「たまごっち」についてでした。

長く愛されるには理由があります。

ただおもしろいだけでは、時代の移り変わりと共に廃れていってしまうのが実情。

時代に合わせて、みんなのニーズに応えようとする企業さんの努力があるからこそ、いつになっても愛され続けるのでしょうね。

この先、おばあちゃんになった時、どんなたまごっちを見れるか楽しみです♪

タイトルとURLをコピーしました