中野信子さんの本が爆売れ!ベストセラー作品と人気文庫本は?

趣味・興味

脳科学者の中野信子さん。

テレビやラジオにも出演多数で活躍されていますが、本も多数執筆されています。

読んでみたいけど、どれがいいのかわからない・・・

まずはベストセラーから?

そんなことをお考えの方向けに、中野信子さんが書かれた本のベストセラー作品と、人気文庫本ついてご案内いたします。

スポンサーリンク

中野信子さんの本のベストセラーはこれ!

中野信子さんは、今までに本を20冊以上出版されています。

これは、中野信子さんがお一人で執筆された数であり、共同著書となるともっとあります。


正直、どれも人気ですといいたいところですが、調査した結果、最もたくさんの人が手に取っている本はこちら!

どんな内容なの?

2021年9月に出版された本で、元々2012年に出版されていた『世界で活躍する脳科学者が教える!世界で通用する人がいつもやっていること』の改訂版になります。

内容は、題名の通りなのですが「頭のいい人」がやっていることがまとめられた本です。


東大、フランス国立研究所、MENSAなどで、世界のさまざまな「頭のいい人」を見てきた中野信子さん。

そんな中野信子さんの脳科学者としての視点から、「世界で通用する、本当に賢い人達」が実践している、脳を活用してパフォーマンスを最大限発揮する31の方法が紹介されています。


「頭のいい人」はどんな人なのか、心がけていることは何なのか、自己分析と改良はどうやっているのか、などなど、「頭のいい人」に近づくための方法がわかる本。

「頭のいい人」は自分の性格や特性をよく理解し、活用しているといいます。

そんな、トップレベルの人たちは、どう考えどう行動しているのか?


自分を高めたい人が読むべき1冊

といったところで、自己啓発系になるかと思います。

スポンサーリンク

最新作はこれ!

最新作は、2022年6月1日に発売されたばかりだというのに、早くも話題になっています。

その本がこちら!

著者:中野信子 出版社:小学館

どんな内容なの?

日常生活の中で、ウソやニセにまつわる事件やエピソードは数知れず。

「私は騙されない」と思っていても、気付いたら相手の術中に陥ってしまうことも…。

それはなぜなのでしょう?

なぜ人は嘘をつくのか、そしてなぜ騙されるのか

脳内のメカニズムを分析・考察し、嘘の効用や活用法、そして、騙されやすい人が振り回されずに生き抜く知恵までもを解説しています。

スポンサーリンク

中野信子さんの人気文庫本

中野信子さんが書かれた本で、文庫本は2冊あります。

まず1冊目がこちら!

著者:中野信子 出版社:サンマーク出版


実は「運がいい」人も「運が悪い」人も、遭遇している事象はそれほど変わらない場合が多いといいます。

ですが、その事象に対するとらえ方・考え方・対処方法が違うのだとか。

そんな考え方などの共通点を、科学的に分析し、脳科学の知見をもとに解き明かした一冊。

「運がいい人」になるために今すぐ始められることを、わかりやすく楽しく解説しています。


2冊目がこちら!

著者:中野信子 出版社:青春出版社


こちらは人気で、ロングセラーにより文庫化された本です。

脳は意外と単純にできていて、「こう刺激すれば、こう反応する」という、お決まりのパターンがあるのだとか。

ちょっとしたコツで脳の能力を高め、楽しい人生を送っていくための具体的な実践方法がまとめられています。


ちなみに、先にご紹介した『世界の「頭のいい人」がやっていることを1冊にまとめてみた』と、『フェイク』に文庫本はありません。

ですが、高さ18cmでソフトカバーですので、比較的持ち運びはしやすいサイズ感ですよね。


中野信子さんの本は他の本も、このサイズのものが多いです。

スポンサーリンク

まとめ

以上、中野信子さんのベストセラー本や、人気文庫本についてでした。

私も脳科学にちょっと興味があるのですが、すべては「脳」だった…!?というくらいに、脳の働きについて様々なことが解明されてきていますね。

中野信子さんの本は、専門書という感じではないので、比較的誰でも読みやすいのではないかと思います。

興味があれば、ぜひ手に取ってみてください。

脳のことがわかってきて実際に色々実践していると、日常の中で変化してくることも出てきて面白いですよ♪

タイトルとURLをコピーしました