カップヌードルミュージアムは予約制?料金・チケット・場所について

お出かけスポット

カップヌードルミュージアムは、カップヌードルの製造体験ができることで人気のスポットです。

また、カップヌードルの歴史を知れたり、ちょっとした社会科見学になりますよね。

この記事では、カップヌードルミュージアムのチケット予約や料金、場所についてまとめました。

お出かけ時の参考にしてください。

カップヌードルミュージアムは予約制?

カップヌードルミュージアムは、完全予約制というわけではなく、入館だけなら事前にチケットを購入しなくても大丈夫です。

ですが、カップヌードルミュージアムに行かれる方の大半は、自分たちでオリジナルのカップヌードルが作れる「マイカップヌードルファクトリー」の体験が目的なのではないでしょうか?


ならば、事前にチケットを購入するのがおすすめ。

というのは、現在、入館者数制限があるからです。


チケットがあればスムーズに入館できますが、そうでない場合、入館者数の制限に達していない場合のみ、当日窓口でチケットを購入することができます。

(2022年4月現在)

チケットなしで行ってもすぐ入れる可能性もありますし、また、待っていれば入れる場合もあると思いますが、事前にチケットを購入して行くのが、断然おすすめですね。

カップヌードルミュージアムの場所は2か所ある

カップヌードルミュージアムは横浜と大阪の2か所にあり、詳細は下記の通りです。

横浜

住所 :
〒231-0001
神奈川県横浜市中区新港2-3-4

電話 :
045-345-0918 (案内ダイヤル)

開館時間 : 
10:00 〜 18:00 (入館は17:00まで)

休館日:
火曜日 (祝日の場合は翌日が休館日)、
年末年始

アクセス :
みなとみらい線
「みなとみらい駅」より徒歩8分
「馬車道駅」より徒歩8分

JR・市営地下鉄
「桜木町駅」より徒歩12分

大阪

住所 : 
〒563-0041
大阪府池田市満寿美町8-25

電話 : 
072-752-3484 (案内ダイヤル)

開館時間 : 
9:30 〜 16:30 (入館は15:30まで)

休館日:
火曜日 (祝日の場合は翌日が休館日)、
年末年始

アクセス : 
阪急宝塚線「池田駅」より徒歩5分

どちらのミュージアムにも、カップヌードルを自作できる「マイカップヌードルファクトリー」はあります。

が、他、両者全く同じ施設というわけでもなく、横浜の方が規模が大きく、料金も異なります。


チケット入手方法と料金について

チケットの入手先は、ローソンチケット(ローチケ)になります。

ローチケで、「マイカップヌードルファクトリー利用券つき入館券」を購入しましょう。


料金は下記の通りになります。

<横浜の場合>
マイカップヌードルファクトリー利用券つき入館券

料金(税込):
大人¥900 高校生以下¥400

利用時間:
10:00/10:30/11:00/11:30/12:00/12:30/13:00/13:30/14:00/14:30/15:00/15:30/16:00/16:30/17:00

販売期間:
各日とも前日24時まで

<大阪の場合>
マイカップヌードルファクトリー利用券つき入館券

料金(税込):¥400

利用時間:
9:30/10:00/10:30/11:00/11:30/12:00/12:30/13:00/13:30/14:00/14:30/15:00/15:30

販売期間:
各日とも前日24時まで


横浜の方が高いんです!

これは、横浜の方が施設が大きく見所が多いことと、大阪にはない『NOODLES BAZAAR -ワールド麺ロード-』を利用することができるためと思われます。


ワールド麺ロードとは、カップヌードルの会社の日清の創業者、安藤百福さんが、麺のルーツを探し求めて旅する中で出会った、世界各国の麺を味わえるフードアトラクション


アジアのナイトマーケットのような異国情緒あふれるおしゃれな空間で、様々な麺料理をいただくことができます。

食べ放題というわけではなく、注文時に料金はかかりますが、リーズナブルな料金設定ですよ。

麺料理1食 400円 (ハーフサイズ)
ミニチキンラーメン 1食 200円
各国のデザート 1食 400円
各国のジュース 1本 200円
ドリンクバー 200円


麺料理はハーフサイズなのが嬉しいですね。

せっかくなら、いろんな国の味を楽しみたいではないですか。

違う味を2つオーダーしてもイケそうです♪

まとめ

以上、カップヌードルミュージアムの、チケット料金と場所についてでした。

現在、コロナ対策で、運営されていない展示ブースもあったりしますが、目玉であり人気の「マイカップヌードルファクトリー」は運営しています

世界でたった一つ、自分だけのオリジナルカップヌードルが作れると思ったら、かなりリーズナブルなのではないでしょうか。

何と言っても「体験型アトラクション」って、大人から子供まで楽しめますしね!

タイトルとURLをコピーしました