USBメモリを無くさない方法は?紛失防止グッズを活用しよう

生活

USBは、PC作業をする人にとっては、欠かせない存在という人も多いと思います。

大事なデータが入っていれば、紛失するわけにはいきませんし、そうでなくともUSBがないとデータがなく仕事にならなくなってしまうことも…。

そこで、USBメモリを無くさない方法や、紛失防止に役立つグッズをご紹介いたします。

USBメモリ紛失防止グッズおすすめ2種

紛失防止グッズその1. スマートタグ(紛失防止タグ)を使う

スマートタグは、「忘れ物防止タグ」「紛失防止タグ」などとも呼ばれます。

USB専用品というわけではありませんが、USBのように紛失しやすいものや、財布や鍵など紛失したら困るものに使用でき、タグを付けておくとスマホで位置を確認できたりするスグレモノ。

キーホルダータイプやカードタイプなど、形状は複数ありますが、USBに付けるならキーホルダーのように付けられるタイプがおすすめ。


機能別に3つご紹介します。

音でも居場所を確認したいなら・・・

Tile Mate (2020) 電池交換版


Tile Mateは、シェアNo.1と言われている人気のスマートタグ。

Bluetoothでスマホと接続し、紛失した場合、最後にスマートフォンとTileの接続が切れた場所と時間アプリの地図上に表示し、落とした場所に検討をつけて探しに行くことができます。

スピーカー搭載のため、部屋の中など近い距離なら、スマホを操作してTileを鳴らして見つけることが可能。

逆に、Tileを操作してスマホを鳴らすこともできます。

また、電池交換ができないものも多い中、電池交換ができるのも魅力。

色々あってどれが良いかわからない…となったら、これにしておきましょうと言える、一通りの機能を兼ね備えたスタンダードなタイプです。

防滴機能あり。

うっかり置き忘れをやりがちなら・・・

【 MAMORIO 】


こちらもよくTileと比較されがちな人気商品です。

極小・極薄で世界最小クラスの軽量。

遠隔操作で鳴らすことはできませんが、うっかり置き忘れてその場を離れてしまった時に、アラートがなります。

また、MAMORIOならではの機能としては、紛失した場合に、紛失物の近くをMAMORIOユーザーが通った時に、その位置情報が通知される機能があります。

見た目にもこだわるなら・・・

【 Apple AirTag 】


これが一番と言いたいところですが、アップル製品ということで価格がお高めなのと、iPhoneユーザー限定品。

機能としては、Tileとできることは変わらないのですが、より高性能にした感じで、超広帯域テクノロジーでより正確な場所を教えてくれます。

iphoneを使用している人ならお馴染みの「探す」アプリを使用して、持ち物を探すことができます。

ただ、本体自体はキーホルダータイプではなく、直径3cm程度(500円玉くらい)のメダルタイプで、キーホルダーにするには別途ホルダーの購入が必要

バッテリー交換可能。

さすがAppleといった感じで、iPhoneユーザーかつ価格に対して問題ないなら、これが一番機能も見た目も推せるアイテムです。

紛失防止グッズその2. ストラップを付ける

スマートタグを使用するほどでもなく、自分である程度管理できる自信があるなら、ストラップを付けるだけでも紛失防止に繋がります

少し長めのストラップを付けておき、使ったら必ずここに付けておく、などと決めておけば、紛失することは少なくなりますよね。


また、ストラップが付いているだけでも目立つようになるので、見つけやすく失くしづらくなります。

色分けすることで何用か分けるのも良いですね。


ただ、自分である程度はしっかり管理することが必要です。

カバンに入れたまま、カバンごとどこかに置いてきてしまった…などという場合には、探すことはできませんので。。

他にUSBメモリを無くさない方法は?

紛失防止グッズを使用すれば、紛失しても見つかる可能性はかなり高くなります。

ですが、100%ではありませんので、最終的には自分の意識ということにもなりますよね。


例えば、USBがカバンに入れて飲みに行ったとして、そのカバンを置いて出た時、いくらアラートがなったとしても、酔っ払って気がつかなかったら意味ないです。

大事なものなら、ストラップでもう、首に吊るしておくとか、鍵のかかる引き出しに入れておくなど、自己管理を合わせることも大切ですね。


まとめ

以上、USBメモリを無くさない方法として、紛失防止グッズや管理に付いてお伝えいたしました。

スマートタグは、もちろんUSBだけでなく、お財布や鍵など、アイディア次第で大切なものの紛失から守ってくれます。

ついうっかり…をやりがちな方は、導入してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました