ナンバMG5第4話の関口役は誰?演技力すごくて泣ける

テレビドラマ

(ネタバレなし(ほぼ))

ナンバMG5第4話、前半で大丸くんと難波くん、そして五代くんの絡みもかなり心に突き刺さりまして。

今回はこういう展開?

かと思いきや、半ばから「関口」にすべて持って行かれた感アリでした

人として「かっこいい」て、こういうことだよなぁ、なんて思わされたりもして、胸を打たれて泣けてしまいました。。

となるほどに、演技力、すごい

言葉がない場面から、声を震わせながら必死で言葉を絞り出すシーンまで、そして表情も、演じてる感ゼロというか、めっちゃ入り込んで見て泣けてしまったのです。

この「関口」役、誰!?(ファンの方ごめんなさい!)と思ったので、調べてみました。

スポンサーリンク

ナンバMG5第4話の関口役はこの人!

「関口」を演じていたのは、岩男海史(イワオカイシ)さん。

私は正直、今回初めて岩男さんを知ったのですが、新国立劇場演劇研修所で演技を学ばれて、今まで主に舞台俳優として劇場で活動されてきた方でした。

1991年生まれということなので、2022年現在、30歳か31歳ですね。

ナンバMG5は、登場人物が誰一人として高校生に見えない、という開き直りっぷりもまたおもしろいと思って見ておりますが、30歳オーバーで高校生役もすごい。

でも、演技力とストーリーに持っていかれて、全然気にならなかったですね。(個人的感想)


衣装家の家庭に生まれ育ち、高校時代よりその道に関わり、現在は、衣裳家兼俳優として独立して代表を務めており、アパレルブランドも立ち上げています。

あー、なんというか、やっぱりいわゆる普通の人じゃなかったんだなぁ、と思いました。

演劇に対して、強く熱い想い、信念のようなものを持っていらっしゃって、ただ夢を追うだけでなく、しっかり形にしていける柱を持っている方なのだと感じました。

「関口」を見ていて違和感がなく、実年齢よりももっと若くも見えたので、彗星の如く現れたちょっと遅咲き俳優、的な人なのかな?

とか思ったりもしましたが、違いましたね。

テレビ出演はなかったものの、経験と、演劇への思いを、しっかりと積み上げてきていた方でした。

スポンサーリンク

今までの出演作品は?

テレビへの出演はまったくなかったわけではなく、最近では、NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に出演されています。

役どころは、平知盛

小泉孝太郎さん演じる、平宗盛の弟です。


ちょっと、仲野太賀さんっぽい??

違うか!

スポンサーリンク

だけど難波剛がやっぱり最強?

岩男さんが、他の役を演じるのもみてみたいなぁと、すごく思いました。

でも最終的には、すべて持って行ったのは「関口」…、ではなく、ちゃんと難波くんってとこがナンバMG5だよね、なんて思ったりもしたのです。

難波って、ほんとに純粋で、ある意味ヤンキー一家に生まれて喧嘩強くてよかったね!て思います。

じゃなかったら、純粋で真っ直ぐで、なのに喧嘩弱かったら、関口みたいになってそうな気もしました。

・・・あっ!だから、関口の痛みや強さをわかってあげられたのかな。。

そして、金持ちのボンボンが「俺、金持ちだけど何か?」て言うみたいに、自分が喧嘩が強いことを決してひけらかさない。

なんっか、キレイな人だなと思います。

そんな「難波」と「関口」が、とっても素敵で泣ける二人なのでした。

スポンサーリンク

まとめ

以上、「ナンバMG5第4話の関口役は誰?演技力すごくて泣ける」についてのまとめと、個人的感想でした。

第4話は、関口くんのことのみならず、全体的に「清い」回だったなぁと思いました。

今回は、ぶっ飛びキャラの藤田さんの登場も少なく、ぶっ飛んだとこも皆無でただただ良い子だったのがちょっと寂しかったかな?

(藤田さんはウザい?かわいい?論争についての記事はこちら

そんな風に、感動させてくれたり、笑かしてくれたり、イラッとさせてくれたりするナンバMG5はやっぱりおもしろいですね!

ナンバMG5関連記事↓

>>ナンバMG5の藤田はうざい?かわいい?世間の評から考察する

>>ナンバMG5「佐藤くん」は誰?第5話登場!吟子との関係は…

タイトルとURLをコピーしました