リアル脱出・謎解きゲームを茨城で!常設店舗はここ!

お出かけスポット

オンラインではなく、リアルに脱出ゲームを体験できる「リアル脱出ゲーム」。

「リアル脱出ゲーム」というのは株式会社SCRAPの登録商標でもあり、東京の新宿区にある「東京ミステリーサーカス」が最も大きく有名ですね。

SCRAPさんが大々的にリアル脱出ゲームで店舗を複数構え、興行もしており、茨城でもイベントとして開催されたことがありました。

もう茨城ではリアル脱出・謎解きゲームはできないの?と思っている方、安心してください!

素敵なお店がありましたのでご紹介します。

リアル脱出・謎解きゲームを茨城で体験できるお店

そのお店というのは、

「謎解き&ボードゲームカフェ AsoVIVA JOKer(アソビバ ジョーカー)」

形態はボードゲームカフェですが、リアル脱出・謎解きゲームも楽しめるお店なんです♪

ボードゲームはなんと450種類以上!

謎解きゲームを楽しみながら、途中で疲れたらちょっとボードゲームで一息…なんていう遊び方もできちゃいます。

利用料金は、カフェ利用料400円/1時間+謎解きゲーム利用料、ですが、謎解きゲーム1プレイでカフェ利用料が1時間無料になります。

脱出ゲームはどんな感じ?

こちらのお店で脱出ゲームは、「ナゾトキルームタイプ」と言い、1,200円で利用できます。

制限時間は20分。

閉じ込められた部屋の中から、謎を解きながら脱出に挑むゲームです。

講演内容は、その時々で変わったり巡演したりしており、お店の公式Twitterでも公開されています。

飽きることなく楽しめますね。

謎解きゲームはどんな感じ?

謎解きゲームは、脱出系の他、「ナゾトキカフェタイプ」があり、カフェ店内を駆使してあちこち探したりしながら謎を解いていきます

このタイプは種類もいくつかあり、500円から利用でき、時間制限はナシ!

なので、謎解きしながら、途中でカフェを利用してドリンクを飲んだり食事をしたり、ボードゲームでリフレッシュしたりすることができるんです♪

謎解きや、お店の利用が初めての方におすすめです。

他にも企画は盛りだくさん

それだけでなく、謎を解きながら街を歩く街歩きや、大型のイベントは、不定期で勢力的に開催されています。

情報キャッチは、こちらのサイトか、AsoVIVA JOKer公式Twitterをチェックしてみてください。

口コミから見るお店の魅力

AsoVIVA JOKerはボードゲームカフェでもあるので、専門大型施設にはない、新たな遊び方を体験することができます。

そして、なんと言っても最大の魅力は、大型施設にはない「アットホーム」感

口コミからも、その様子が伺えます。

マーダーミステリーで遊んだあと、同卓した皆さんと仲良くなってそのままボドゲで一緒に遊んだりできて、とてもアットホームで素敵な遊び場です!!おすすめ!!

謎解きやマーダーミステリーなどイベントもあり楽しい空間!ボードゲームもスタッフさんご優しくインストしてくれて、時には一緒に遊んでくれて、とてもアットホームない心地のいいカフェです!!

1人で突然行ったのですが、素敵な方々とゲームを楽しむことが出来ました。
雰囲気はとても素晴らしいです。
1人でも複数人でも楽しめると思います。
謎解きもとても工夫されていて面白かったです。

すべてGoogleから拾ったものですが、悪い口コミはいっさいなく、お店の居心地の良さを挙げる人が多いんですね。

1人で行っても、ボードゲームをその場の人たちと楽しむこともでき、そして、それができる雰囲気を作ってくださっていますので、近隣の方は一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

新しい遊び場として、ハマるかもしれませんよ!


店舗詳細

【住所】
茨城県土浦市川口1-3-130 モール505 3階D302
JR土浦駅西口より徒歩5分

【電話】
029-896-9191

【営業日・時間】
毎週土・日と祝日のみ営業
13:00〜21:00(LO20:30)

※ 平日は営業していないので注意です!

まとめ

以上、茨城で脱出・謎解きゲームがリアル体験できる、AsoVIVA JOKerさんについてでした。

近郊にお住まいで、興味があればぜひ!

基本的に、謎解き系がお好きな方は、頭脳プレイが好きだと思うので、ボードゲームとの相性もすごく良いですよね。

やったことがなかった方も、行ったみたらその楽しさとアットホームなお店の雰囲気にやられて、新しい遊びの発掘に繋がるかもしれません。

また、東京で一度は本格的に有名どころで遊んでみたい、という方は、下記記事も参考にご覧になってみてください。

>>最大級のリアル脱出ゲームスポット「東京ミステリーサーカス」について

タイトルとURLをコピーしました