新しい恋・新しい出会い

別れ話をLINEでする時に注意するべきこと!既読無視への対処法とは?

LINEは誰もが使う便利ツール。近頃では、別れ話をLINEでするという人も増えてきました。しかし、便利であるがゆえに、使い方を間違えると別れ話がスムーズにいかず既読無視、なんてことになりかねません。

別れ話をLINEでする人が増えてきたとはいえ、そんな大事な話は、会ってきちんとするべきだ!という人の方がまだまだ多いのが現状。

それをわかった上で、別れ話を持ちかけるのだということを忘れないでくださいね。

 

今回は、LINEで別れ話をするということで起こり得ること、気をつけなければいけないこと、別れ話に対する既読無視についてお話します。

LINEで別れ話をするということにはリスクがつきものだということを忘れずに…。

 

では、いきましょう!

 

別れ話をLINEでするなら、別れ話をする約束を取り付けるまでにとどめるのが◎。既読無視も有り得る!

冒頭でも触れましたが、LINEで別れ話をされるということに抵抗を感じている人はたくさんいます。まだまだ多く、8割程度の人がLINEでの別れ話は不快だと思っている、というデータがあるんですね。

ここまでの二人が築き上げてきた関係性がどのようなものかにもよりますが、できるだけLINEでの別れの告白は避けたいところ。

 

ですから、別れ話をLINEでするのではなく、別れ話をする約束を取り付けるまでにとどめることができるのなら、その方がいいですね。

その理由として、次のようなことがあげられます。

  • LINEという便利ツールでサクッと終わらせようなんて不誠実と思われる可能性がある。
  • 真剣さが伝わるか不安が残る。
  • すぐに了承してくれるとは限らず、こじれると面倒。
  • 顔が見えない中で文面だけで意見を言い合うのはエスカレートしがち。
  • 表情が見えないので、相手の気持ちがわかりづらい。
  • 語彙力がないと、微妙なニュアンスが伝わりにくい。

 

これらのリスクを乗り切れる自信があれば、LINEで言ってしまいましょう。だって、人によってはやっぱり、どうしても会って話すことができない事情だったり、性格的な問題だったり、ありますから。

その時は誠実さを忘れずに、便利なツールに乗っかって言ったみたいな雰囲気では、絶対に言わないこと。これだけは十分に気をつけてください。

 

そして、話したいことがあるから会おうとLINEで約束を取り付ける際に、彼が「もしかして別れ話しようとしてる?」などと察してきた場合、その時はぐっとこらえて嘘をつきましょう。

「そんなことないよ」と。

でないと、ここで彼から誘導される形で別れ話に突入してしまうと、あなたが主導権を握れずきちんと気持ちを伝えきることができなくなってしまう可能性が。

 

ええい、流れで言ってしまえ!とやけにならないこと。大切な話なんですから、大切にきちんと話をするため、一旦嘘でも収束させましょう。

会った時にきちんと謝れば大丈夫です。

 

 

別れ話をLINEでしたら既読無視!!理由とその対処法

別れ話までLINEでした場合、なんと既読無視をされてしまうというパターンもあるんです。まさかの緊急事態レベルの返しですが、十分にあり得ることなんですよね。

関係がまだ浅かった

付き合った期間がまだ短かった場合、相手はあなたのことをまだそんなに重く見ていなかったと考えられます。

あなたからLINEが来た、開いたら別れ話だった、そっかー、オッケー、と一人で納得し終了。既読付けたしもういいよね?これ以上話す仲でもないでしょ、といったところでしょうか。

このような関係だからあなたもLINEで言えたという部分もあるのでしょうから、この場合はこのまま終了で問題ないでしょう。

これまでの二人の関係性をよく思い出し、判断してください。

 

受け入れられずにいる可能性

それなりの時間を共にして、そこそこお互いを分かり合えるような関係だったという場合、受け入れられずに固まっている可能性があります。

え、どうしよう、なんて返信すればいいんだろう?と、今現在、彼は自分の心の中を整理している真っ最中かもしれません。

 

既読がついたなら、とりあえずは読んでくれてはいるということ

彼の心の中が落ち着くまで、少し待ってあげてみましょう。

 

1ヶ月待って音沙汰なしなら、暗黙の了解と受け取って、関係は終わったと思っていいでしょう。できれば反応して欲しかったというのが本音でしょうが、これがLINEで別れ話をするということです。

LINEで返事が返ってくるのは当たり前ではないということ、どうしても返事が欲しいのなら、LINEで別れ話はしないことです。

 

既読つけたからいいと思っている

これもライン特有の終わり方ですね。

返信してきてくれないものの、既読無視も一種の意思表示。別れたいという意思は一応伝わったよ、ということは示してくれています。

 

見たなら返事しろよと言いたいところですが、それがLINEの特徴でもあるので仕方がないと受け止めるしかありません。

返信せず既読無視で終わりにしようとするのには、

  • もうわかったからこれ以上別れ話なんてしたくない
  • 別れたい意思が強そうだし、これ以上話すのは面倒
  • ふ〜ん、いいよ。程度に思っている
  • 変事内容考え中

 

などが考えられますが、いずれにしてもこれも前述同様、1ヶ月ぐらい待ってみて、返事がなければ暗黙の了解としましょう。

参照 : 相手を傷つけない別れ方とは?LINEで「別れよう」と伝える時のポイント

 

まとめ

いかがでしたか?

LINEというのはとっても便利なツールです。

ですがその便利さゆえ、顔を見ながら別れ話をするのとは違い、気をつけなければならない点があるということを心の隅におきながら、LINEを打ってくださいね。

そして、できれば最後なのですから、会ってさよならできるといいですね。その方がきっと、お互い悔いなく未来に向かって気持ちよく前進していけるはずですから。

 

さよならは始まりの第一歩。

1つの恋に終わりを告げたなら、新しい恋に向かって歩き始めましょう!

 

ご要望にお応えして、
ゆうこの失恋期〜幸せまで、
濃密情報、メルマガで絶賛配信中!

 

 

 

♡ブログランキングの応援をよろしくお願いします


人気ブログランキング

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村