運命の出会い・運命の人

運命の人の安心感は絶対的!!他の人とは違う安心感は運命の人!? 

運命の人には、他の人には感じられない、絶対的とも言える安心感があるといいます。

初対面だとしても、出会ってまだ間もないとしても、まるで以前から知っていたかのような懐かしいような感覚と、今までにない安心感。

 

好きで好きで一緒にいてドキドキするというような感情ではなく、家族といっしよにいるような安心感があるのが、運命の人の特徴です。

ドキドキしないと言ってもそれは、長年連れ添ってマンネリ化してドキドキしなくなった、というような感覚ではなく、好きで大切に思う気持ちは逆に誰よりも強い。

 

大切なのはここです。好きで大切に思う気持ちは逆に誰よりも強い

 

では、運命の人にはなぜ安心感を感じるのでしょうか?

なぜ安心感を感じるのかということと、安心感からくる気持ちや行動についてお話します。こんな安心感を感じる人がいたならば、その人は運命の人かもしれませんね。

では、いきましょう!

 

運命の人にはなぜ安心感があるの?

運命の人には、他の人に対しては感じることのできない、絶対的とも言える安心感があるといいます。

では、なぜ運命の人にはそのような「安心感」があるのでしょうか?

 

それは、スピリチュアルの世界の観点から見た運命の人、ソウルメイト(ツインソウル、ツインレイと表現する場合もあり、ソウルメイトをより親密な関係性に絞ったもの)に関係してくるんですね。

ソウルメイトとは、過去世で家族だった、とっても深い縁の魂の仲間で、あまりにも縁が深いので運命的と捉えられ、恋愛や結婚の相手として語られます。

 

そして、この関係性は、一度ではなく何度も何度も、過去世で深い関係にあった。そして、現世で会うことを約束してきたとも。

 

このような深い結びつきの魂の仲間ですから、出会ったとなれば、無意識に全力で守り抜こうとするのがソウルメイト。

ソウルメイトとは一緒にいるだけでも安心する雰囲気を感じ、絶大な安心感が湧いてくるとも言われています。

 

深い関係ゆえ、激しい喧嘩になることはあっても、それは二人で人生を共に歩んでいくために必要な分かち合いであり、傷つけてくる危険性はいっさいありません

理屈ではなく、魂でつながっているので、たくさん話し合いをすることで深めた信頼感や安心感とは違い、その安心感は絶対的なものなのです。

関連記事 : 運命の人の見分け方!スピリチュアルな観点から見た運命の人の特徴とは?

 

運命の人に感じる安心感からくる心の変化

運命の人に感じる安心感というのは、どのようなものなのでしょうか?その安心感を感じたなら、あなたの心はきっとこのように変化することでしょう。

自分を飾らずにさらけ出せる

運命の人には絶対的な安心感があるため、自分を飾る必要がありません。

好きな人のためにおしゃれでいたい、キレイでいたい、という感情で自分を磨くのはまた別の話ですよ。その気持ちは女性としていつでも持っていたいものです。

 

ここでいうのは、彼の理想の彼女でいるために無理してがんばった、という経験が何かしらあったとしたならば、運命の人の前ではそんなことをしなくても大丈夫、という安心感があるということ。

なぜかと聞かれると何の根拠もない、というのが運命の人の安心感の特徴で、何の根拠もないけれど、ありのままの自分を受け入れてくれるという、安心感があるのです。

 

むしろ、誰かに好きになってもらいたくて、一生懸命着飾ったり、必死で婚活に励んだりと、肩に力が入っているような時に出会った相手は、付き合ったり結婚したりしたとしても、運命の人ではない場合が多いもの。

そこに執着する気持ちを捨てて、肩の力が抜けてナチュラルな自分の姿で惹かれあうことができたなら、その人は運命の相手である確率は高いのです。

 

その先一緒にいてもずっと安心感に包まれて、飾らない自分で過ごすことができるでしょう。

関連記事 : 運命の人の見分け方5つのポイント!その人、本当に運命の人ですか?

 

信頼感があるから自由でいられる

前述同様、運命の人には絶対的な安心感、そして信頼感がありますので、お互いが自由であっても何も不安になることがありません。

 

今まで、彼が何をしているのか知りたくて、会えない時間がもどかしくて、何度も連絡をしてしまっていた、という人もきっといますよね。

それに、彼が女友達と話をしているだけでも、気持ちが揺れて不安になって束縛してしまったり。運命の人とは、今までのそんな行動がまるで嘘かのように、安心感に包まれます。

 

彼を疑うことなんてまずありません、というか、疑うということ自体、心の中からなくなってしまったかのように、彼の全てを許したいと思う

お互いがそんな気持ちで寄り添いあうと、とても穏やかで自由な時間が生まれ、そんな時間をお互いが過ごすことができることで、また、絆は深いものとなっていくのです。 

 

運命の人とはそんな絶対的な信頼感があるがゆえに、まるでシングルであるかのように自由な気持ちで毎日を過ごしてしても、二人の絆が壊れることはありません。

むしろそんな風にお互いが過ごせるということから、さらなる信頼感・安心感を得ていくことができるんですね。

 

自分を信じられる

運命の人がそばにいる安心感を得て、運命の人に信頼感を感じ、その人と一緒にいることが幸せだなぁと感じることができたなら、自分に自信が湧いてきます。

例えば、今までの彼氏とは、付き合っている時にうまくいっていないなと感じた時、喧嘩した時などに、また元のようにやり直せるのだろうか?と思って不安になったり、別れを考えて不安になったりしたこと、ありますよね?

 

基本的に、女性というのは不安になりやすい生き物

ちょっとしたことで不安になり、そこからその気持ちが大きく膨らんで、考えなくてもいい余計なネガティブな気持ちに支配されて、自信がしぼんでしまう女性はたくさんいます。

 

ですが、運命の人と一緒にいると変われるのです。

絶対的な安心感、信頼感を感じることができると、自然と覚悟が決まる。

 

喧嘩をしても、別れを思うことはありませんし、ネガティブな気持ちに支配されることもありません。

今までの恋愛ではうまくいっていないと感じたようなシチュエーションに遭遇しても、不安になることはなく、どうやって乗り越えるかだけを考えます。

 

意識せずとも自然と自分を信じることができる

運命の人を思い、思われるパワーは絶大なのです。

関連記事 : 「運命の人はいない」説を吹き飛ばせ!本当に運命の人っているの!?

これって運命の人?安心感につながる二人の出来事

未来を想像して不安になることがない

運命の人ではない人との付き合いは、先のことを考えると不安になってしまうこともあったかもしれませんね。

この先もずっと一緒にいれるのかなという不安だったり、逆に、この人とずっと一緒にいていいのだろうかという不安だったり。

 

運命の人とは、未来を想像しても不安になることがありません

 

というよりも、別れる気がしない、何の根拠もないけれど、この人とは一生一緒に生きていくんだろうな、という、漠然としつつも確信のような感覚があります。

ここでもまた言いましたが、「何の根拠もないけけど」というのは、とっても大切なキーワード。

 

運命の人と一緒にいて、その人から受け取る感覚というのは、いつでも何の根拠もない、なのになぜか強い確信に満ち溢れている、ということばかり。

ですから、この先、どんな風に二人で時を重ねていくのか、想像してワクワクすることができます。別れを想像することはありません。

 

一緒にいるのが当たり前、一緒にいる未来が当たり前と感じることができるのです。

 

ものすごく波長が合う

波長が合うというのは、趣味が合うとか、共通点が多いなどということとは違います。(波長が合うので同じ趣味を持っている場合も多いですが。)

いろいろな考え方や感じ方が、接しているうちに合うと感じる。とにかく感覚的に「合うな」という感じですね。しかも、ものすごく。

 

特に「感じ方」の部分で共通することが多いと、「考え方」よりも、より本能的な部分が共通しているということですから、運命的。

 

そして、波長が合う人には安心感があります

 

なぜなら、あれこれ考えて合わせることをしなくても、勝手に共感し合えるので一緒にいてとっても楽ですし、自分を肯定してくれているようで会うと元気になれるんですね。

 

波長が合う人とは、どこがどう、という理屈抜きに、お互いを感覚で認め合うことができ、そばにいてとても心地良い存在になることができるのです。

お互いの考えが手に取るようにわかる

運命の人とは、お互いの考えを、手に取るようにわかりあうことができます。

何もかもというわけにはいきませんが、ことあるごとに、顔をみると「あ、こういうことだな」というように、なんとなくわかるのです。

 

それはまるでテレパシーのように

 

これは、前項の「波長が合う」ということにも通じる部分でもあり、同じ感覚の中で生きているので、いろんなことを感じるベクトルの方向が同じ、ということからくるものでもあるんですね。

ですから、突拍子もない意見に振り回されることもありませんし、理解しづらい発言や行動で傷ついたり逆に傷つけたりするようなこともありません。

 

あなたが何かに困って意見を求めた時も、運命の人がくれる意見は、いつもきっとあなたを安心させてくれることでしょう。

あなたを幸せに導く言葉を、運命の人は無意識にわかっているのです。

会話について考える必要がない

運命の人とは、何を話そうか、なんて考えることなんてまずないかもしれませんね。

その理由は、まず、同じ波長の中で生きていて、相手のことが手に取るようにわかることが多いということ。

 

そのことから、これを言って盛り上がらなかったらどうしよう、とか、傷つけたらどうしよう、などと考える必要がなく、言いたいことを言い合っても理解しあえるので、会話に困るということなどあり得ない、と言っても過言ではないのです。

 

それに、運命の人と一緒にいて感じる安心感は、他の誰とも違う絶大な安心感。

 

ですから、たとえ二人でいる時間に無言の時が流れたとしても、その時間を苦痛だと思うことがなく、その時間ですら緩やかな優しい時間に感じます。

無言の時間だって、二人で共有する素敵な時間になる、ということなのかもしれませんね。

関連記事 : 運命の人と出会うとどうなるの?運命の人と出会った後、心はこう動く!

 

安心感があっても運命の人じゃない場合もある?

安心感があっても運命の人じゃない場合、結論から言うと、あります。

ですがこれは、あなた自身が、安心感をどのように感じているかということが鍵

 

運命の人には、「絶対的な他の人とは違う安心感」がありますから、それをきちんと感じることができているかどうか、ということなんですね。

絶対的な他の人とは違う安心感

 

普通に、この人と一緒にいると安心するな、という感じなら、運命の人でなくてもたくさんいますよね。家族や友達もそうだと思います。

ですが、そういう安心感ではなく、運命の人には、この人と一緒にいる時に感じる安心感は絶大、他の人とは何かが違う、というような、特別な感覚を受けるはずなのです。

 

それをきちんとキャッチできれば、その安心感を感じることができたなら、この人は運命の人なのかも?と思っていいでしょう。

やみくもに、安心するから運命の人だと決めてしまうのは危険ですね。

 

私が今の彼氏と出会った時、実は正直言って、初対面では、この人だ!とピンとくるものはなかったんですよね。

でも、ここでお話ししている、他の人に感じることはない絶対的な安心感、みたいなものはずーっと感じたように思います。

 

まとめ

運命の人との間に感じる、絶対的とも言える安心感、感じてみたくなりましたか?

もしそう思ったならば、運命の人に出会えるおまじないを伝授しますので、本気でやってみてください。

それは何かというと、いいですか?言いますよ?

 

それは、運命の人とは必ず出会えると、心の底から信じること

 

そんなこと?だなんて思わないでくださいね。

これは、とってもとってもすっごく大切なこと。

まず疑う気持ちがある人のところに、真の運命の人は訪れません。

 

運命の人はいるんだ、私はその人と出会うべく、失恋して辛い経験を積んだんだ、だから必ず会えるんだ、強く強く、心の底から信じて、運命の人との出会いを手にしてください。

信じることからすべては始まるのです。

 

ご要望にお応えして、
ゆうこの失恋期〜幸せまで、
濃密情報、メルマガで絶賛配信中!

 

 

♡ブログランキングの応援をよろしくお願いします

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング