運命の出会い・運命の人

男が運命を感じる瞬間を分析!男性が運命を感じる女性はどんな人なの?

「男が運命を感じる瞬間」とは、どんなときなのでしょうか。そして、「男性が運命を感じる女性」とは一体どのような女性なのでしょう。気になりますね。

よく、運命運命と騒ぐのは女性特有の性質で、男性は運命に無頓着、ということも言われますが、どうやら男性だって運命をまったく気にしない、というわけではなさそうです。

 

ただ、当たり前のことですが、男性は男性であり、女性ではありませんから、根本的に運命を感じたり一目惚れしたりするメカニズムが違うみたい。

では、その違いも含め、どのような女性に男性は運命を感じることが多いのか、紐解いていきましょう。男性は女性より単純かも・・・?

 

では、いきましょう!

 

男が運命を感じる瞬間!男性が運命を感じる女性7選

男性が運命を感じる瞬間とはどのような瞬間なのか?男性が運命を感じる女性は、女性から見て共通部分もありますが、「え、そんなこと?」と思うことも。

男性は女性よりもロマンチックで単純で夢見がち、なのかもしれませんね。

 

ルックスが理想通りの女性

男性が、「この人は運命の人だ」と思う瞬間というのは、はっきり言って一目惚れした時が断然多い、というのが現実。

そして、どこを見て一目惚れするかというと外的な要因、そう、顔やスタイルを見て一目惚れすることが多いんですね。これは、男性の性質ですから仕方のないこと。

女性は、優秀な遺伝子を残したいという本能があるため、見た目のかっこよさだけでなく、知識や体力など自分に足りないところを持っているか、などを嗅ぎ分ける臭覚も持っている。

その臭覚を使い直感で「運命の人」を選ぶ。

一方、男性は女性のような性質は持ち合わせていません。「運命の人」を選ぶときに一番に働くのはとにかく視覚

見た目で自分のタイプの女性がいれば、「運命の人」が現れた、と思ってしまうのだ!!

 

「美女と野獣」という言葉がありますが、そう言われるカップル(綺麗な女性といわゆるブサイクな男性)はたくさんいるのに、逆パターンはなかなか見かけないと思いませんか?

それはこういった理由からだったとも言えますね。

変化に気づいてくれる女性

男性というのは、プライドが高い生き物なのです。

自分を受け入れてもらえるということは、自分を認めてもらえた、プライドを理解してもらえたと捉え、そう感じたなら運命の人だと思ったりするもの。

ですから、例えば男性が髪型を変えた時、「あれ?髪型変わったね、いい感じじゃん!」などと言ってもらえるだけでも、自分のしたことが認められた、この人は自分のことを見ていてくれている、と思い、気にかけ始めたりするんですね。

 

他にも、落ち込んでいる時に、落ち込んでいることには深く触れずに、「なんか元気ない?」などと気にかけてくれたりされたら、運命を感じているかもしれませんよ。

 

沈黙が心地良いなと感じた女性

これは男性ならずとも、女性でも感じる共通点ですよね。一緒にいて居心地の良さを感じたなら、ずっと一緒にいるのかもな、これって運命の人と出会えたってことなのかもな、なんていう風に思うのもうなずけます。

なんでかわからないけど、沈黙が気まずい人っていますよね。

 

この人とは会話を途切れさせてはいけない、何か話さないと気まずい空気、無言の時間に「シーン」ていう音が聞こえてきそう、て感じさせる人。

こういう人は絶対、運命の人として有り得ません

 

運命の人とは、沈黙でさえも心地よいような、沈黙の時間だったんだということに気がつかないくらいの自然な時間が流れます。

これを感じて「運命の人だ」と思うのは、みんな同じですね。

良い意味でのギャップのある女性

ギャップのある一面を見たとき、人というのは、良くも悪くもその人への印象を深く持ちます。

例えば、いつもニコニコしていて感じの良い女性だな、と思っていた人が、影で人の悪口を散々言いまくっているのを聞いてしまった、そんな一面を見ただけで、その人への印象は悪いものになりませんか?

逆に、いつもぶっきらぼうで、ちょっと話しかけにくいなと感じていた人が、素敵な笑顔で転んだ子供に手を差し伸べていた、なんて一面を見てしまったら、そのときからその人に抱いていた印象が好転したり。

 

そういった感じで、会社ではバリバリのキャリアウーマンで、つけいる隙もないような女性が、飲みの席でちょっと酔って弱音を吐く姿を見せてきたりしたら、意外なギャップに魅かれて気になりだしてしまう男性も。

そして、そんな姿を見せてくれるのは俺だけかも?などと優越感を抱いたなら、その女性はちょっと苦手なキャリアウーマンから運命の人へと昇格です。

 

逆に、仕事は正直ちょっとトロくて頼りないような女性が、会社の飲み会で上司や周りへの気配りが上手でびっくり、など、あまり良くなかった印象からの好転。

こういった良い意味でのギャップは、男性のみならずとも、人の心を惹きつけるものなのです。

笑いのツボが合う女性

笑いのツボが合うということは、感覚的に似ているところがあるということなので、一緒にいて居心地の良さを感じることにもつながってきます。

例えば、数人で話をしていて自分だけがおかしくて笑ってしまった、と思いきや、同じタイミングで彼女も一緒に、いや、彼女だけが同じタイミングで笑っていた。

そんなことがあったなら、お?とその女性のことが気になり始めます。

男性が魅かれる女性の好きな表情や仕草として、「笑顔」は常にベスト3にランクイン。

女性が笑っている姿が、基本的に男性は好き

それに加えて笑いのツボが合い、同じタイミングで一緒に笑顔になれることで、さらに愛おしさを感じ、運命を感じる!!

 

意外性のある共通点がある女性

よく、過去(出会うまで)の境遇に共通点がある女性は、運命の人だといわれています。
誕生日や出身地が同じ、育ってきた家庭環境が似ている、出身校が同じだったなどですね。

ですが、ここで言う共通点とはそういうことではなく、「意外性のある共通点」

 

どういうことかというと、例えばコスプレが趣味だとか、好きな音楽ジャンルがあまり理解されづらいジャンルだとか、同じ話をできる人が周りになかなかいなかった、という場合そこを理解しあえる女性と出会えたとなれば、気分は上がること間違いなし。

さらに話を進めたら、その中でも好きなアーティストが一緒だったとか、えー!意外!オレもオレもー!なんて盛り上がって、これはもう、運命?なんて思ってしまうかも。

 

境遇が同じというだけでも十分盛り上がりますが、そういったことは、話題としてはその時限りの一過性の話題にすぎません。

ですが、こんな二人だけが楽しめる趣味みたいなものがあったら、ワクワクします。

この趣味が二人を引き寄せてくれた、まさに運命の出会い!そう思えるのもうなずけますね。

 

一緒にいる未来を想像させる女性

これは、その女性と一緒にいる未来を想像できるか考えてみましょう、ということではなく、この女性とはずっと一緒にいる気がする、と自然と感じるということです。

なんとなく、この女性と結婚したいなと思ったり、5年後、10年後、一緒にいる未来が思い描ける人には、運命を感じますね。

 

好きになった人なら当たり前だと思いますか?

それがそうでもないんですよ、実際のところ。

 

恋人が別れる理由として、一緒にいる未来を思い描くことができなかったから、というのは実は結構多いのです。

好きだと思って付き合い始めて、それなりに時間を共にして、このままずっと続いていくのかと思いきや、ふと未来を見てみたら何も見えなかった、そんなカップルは少なくないんですよ。

 

そんな中で、この女性とずっと一緒にいたい、こんな未来を創造していきたい、そんなことを思い描くことができたなら、素敵ですよね。その出会いは運命なのかもしれませんね。

関連記事 : 男が運命を感じる瞬間♡運命の女性と出会った時の男性心理とは

 

 

男が運命を感じる瞬間!男性が運命を感じるシチュエーションとは!?

次は、「男が運命を感じる瞬間」についてお話していきましょう。男性が運命を感じるシチュエーションとはどのようなシチュエーションなのでしょうか。

キーワードは「偶然」「親近感」

どういうことか、見ていきましょう!

非日常的な場所で偶然会う

日常から離れ、非日常的な場所での出会いは、心を揺り動かすことが多いんです。

なので、旅行先など開放感に溢れている時に出会った人と恋に落ちる、なんて話はよく聞く話なのではないでしょうか。

 

とはいえ、非日常的とは言っても、旅行のように大ごとではなくて全然いいのです。

いつもと同じ場所、いつもと変わらない景色の中での出会いではない、ということ。

 

どういうことかというと、例えば同じ職場の女性と、昼休みに会社の近くのコンビニで会ったとしても、それは日常的な出来事でなんら不思議は感じませんよね。

ですが、夜、別のコンビニで、昼間とは違うラフな姿の同僚女性とばったり会ったとしましょう。これだけでもう、非日常的、こんな出来事が数回重なったなら、この女性は運命の人に認定です。

 

だって、この夜のコンビニでの偶然の出会い、この中には運命的要素がいくつも絡み合っていますよね。まず、コンビニって基本的に滞在時間、短くないですか?そのコンビニで偶然ばったりできたことが1つ目。

2つ目は、夜のラフな姿というのは、油断しているので下手するとダサいと思われる危険を秘めていますが、その姿にドキッとしたなら、それもまた運命。

 

3つ目はやはり場所。なぜそのコンビニだったのでしょうか。お互いの家が近所だったからなのか、友人の家に遊びにきていて買い出しに来たのか。

とにかくそのコンビニを二人が同時刻に選択した、ということは、運命的と言えるでしょう。

関連記事 : 運命の人に出会った時のサインとは?運命のパートナーのサインを見逃すな!

同じ歌を口ずさんだ時

これは、シンクロニシティが二人の間に起こった時、ということもできるのですが、自分の頭の中に流れていたメロディを、まるで聞き取ったかのように口ずさまれたりしたら、お?と思いませんか?

このような出来事が多ければ多いほど、男性は、この女性は「運命の人」と思います。

 

「同じ歌を口ずさんだ時」関連の体験談として、私の友人が体験した実話を紹介しますね。

そうですね、その彼の名前を、ケン(仮)としましょうか。

 

ケンの職場では、毎日ラジオが流れていて、その日ラジオから絢香さんの「三日月」が流れてきたのを耳にして、「今まで引っかかってなかったけど、何気にいい歌だな、じっくり聞いてみようかな」と思っていたそうです。

その日の夜、仕事関連の会食があり、その店へ向かう道すがら空を見上げると、たまたま綺麗な三日月が出ていて、頭の中に流れてきたメロディは、昼間聞いた「三日月」

 

店に着き、会食の席で同席した女性と恋愛の話で盛り上がり、ケンは既にその女性に好印象を抱いていました。でも決して恋心とかではなく、いい子だな、という感じで。

話していくうちに、なぜか月の話になり、その女性は「月の満ち欠けを見るのが好き」だと

「離れてても同じ月を見ているのかな、そう思うとなんだか落ち着く。そういうのをわかってくれる人がいいな。」そう言って「三日月」を軽く口づさんだ彼女。

 

その瞬間、ケンの心の運命バロメーターは一気に上昇。

運命じゃん!オレ、わかる!オレがいるって!

ケン、単純。。。でも、これくらいバカになった方が、恋は絶対、楽しい!
「三日月」が引き合わせてくれた運命の出会いのお話でした。

一緒にいて時間が経つのが早いと感じる

時の流れというのは、本当に同じ時間だったのかと疑いたくなるくらい、辛い時間は長く感じ、楽しく充実した時間というのはあっという間に過ぎていってしまうもの。

ですから、ある女性と話していると、そういえばいつもあっという間に時間が過ぎてしまっているな、なんてことを感じたら、そこからその女性のことが気になりだす場合も。

 

こんなにいつも充実した時間を過ごせるなんて、運命の人かも

一度意識し始めると、どんどん気持ちは高まり、ずっと一緒にいてみたい願望は膨らんでいきます。

 

ですが、そんなことを意識する前から、いつも充実した時間を過ごせていたのですから、既にその男性は、その女性に夢中だったのでしょうね。

 

よく目が合う

例えば、大勢でいる中で、ふと視線を横に移したら目が合ったり、振り返ったらたまたまあちらも振り返って視線がぶつかる、そんなことが重なったら運命を感じてしまうもの。

意識し始めると、無意識にその女性を目で追うようになりますから、さらに女性と目が会う機会は増え、どんどん気持ちは高まります。

 

あと、先に話したように男性はプライドと自尊心が高いので、自分のこと見てた?自分に興味があるのかも?なんて気にし出して、何度も重なると、もう運命の人になってしまうのです。

 

まとめ

男性が運命を感じる瞬間というのは、女性から見たら、男性って単純・・・。と思ってしまうようなことが多いかもしれません。

でも、恋愛って楽しいものです。単純に考えて、これって運命かも?そんな風にわワクワクした気持ちで、運命を感じることを楽しめるのは、素敵なことだと思いませんか?

 

スピリチュアルな観点から見たら、確かに運命ってちゃんと筋立ったものなのかもしれませんが、硬く考えずに、ケンみたいに勝手に感じて勝手に作っちゃえばいいものなのかもしれません。

偶然の一致がたくさん起きたなら、それは運命。偶然の一致が重なることから生まれる「親近感」から、男性は「運命」を感じることが多いのです。

 

今日もどこかで、あなたに「運命」を感じている男性がいるかもしれませんよ。

 

ご要望にお応えして、
ゆうこの失恋期〜幸せまで、
濃密情報、メルマガで絶賛配信中!

 

 

♡ブログランキングの応援をよろしくお願いします

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング