只今失恋中

失恋してしんどい…こんなにも辛い理由はドーパミンのせい。それって何?

失恋してしんどい…。そうですね、失恋て本当にしんどいです。辛い理由はドーパミンという脳内物質の分泌によるものなですが、ドーパミン??何それ??て感じの人も多いですよね。

私も初めて聞いた時は、???でした。失恋してしんどくて、どうにかならないかと思っていた時で、失恋してただでさえ参ってるのに、ここにきて科学の難しい話とか勘弁、とも思いましたね。

 

でも、理解が深まると辛い理由がわかり、へぇ〜、なるほどね〜、と、少し気持ちが楽になるのも事実。

ですので、今回はその、「ドーパミン」のことにちょっと触れていくことにします。

そんなにも辛いのは、ドーパミンがどっぷり関係していたんです。

 

では、お話していきましょう!

 

失恋してしんどい!辛い理由は「ドーパミン」

失恋してしんどいなぁ、失恋したほとんどの人がそう思いますよね。その辛い理由、ドーパミンにあるんです。

難しい話は聞きたくな〜い!気持ちわかります。ですが、理解できると結構気持ちが楽になりますので、ちょっと頑張ってつきあって読んでください。簡単にお話しますので。

 

帝京大学医学部栗田正教授の解説を元に、お話していきます。

そもそもドーパミンて何?という話からですが、ドーパミンというのは、楽しいな、気持ちがいいな、幸せだなぁ、などという快楽の気持ちを感じた時に、脳内で分泌されるホルモンです。

恋愛をしている時は、この幸せホルモンのドーパミンがたくさん分泌されているんですね。それにより、幸せだなぁと感じる

 

それが、失恋すると、このドーパミンの分泌が低下してしまうんですね。幸せホルモンの分泌が下がってしまうので、失恋した時は幸福感がなく、しんどいわけです。

さらにいうと、心を落ち着かせる働きのある「セロトニン」というホルモンがあるのですが、これの分泌が恋愛中は下がっているのですが、失恋したからといって盛んに分泌し出すわけでもなく、しんどい理由に一役買っているんですね。

 

あまり良い例ではないかもしれませんが、ドーパミンを麻薬に例えるとわかりやすいでしょう。

恋愛中=ドーパミン分泌中=麻薬摂取中
失恋=ドーパミン分泌低下=麻薬中毒

失恋して心に傷を負う、心の傷の痛みという言い方をよくしますが、心の傷=ドーパミンの分泌低下、ということだったんです。

 

失恋してしんどい!から解放されるには?

では、失恋してしんどい日々に終わりはくるのか?というと、もちろんやってきますよ、安心してください。

というのも、そもそもドーパミンがたくさん分泌されるのは、恋愛初期と言われており、恋人がいるからといってずーっと大量分泌されるわけではなく、時が経てば一定値まで下がるのです。

 

気持ちが覚めた、なんでこの人が良かったんだろう?などと思ってしまう時期というのは、このドーパミンの分泌が下がった時。

ここからが本当の付き合いだと言ってもいいでしょう。

 

ドーパミンの力を借りずに、自分自身の気持ちで、相手と向き合って、お付き合いを続けていけるかどうか、ということですね。

これと同じで、失恋初期は、ドーパミンの欠乏により辛い時間がありますが、一定値まで戻りちゃんと自分自身の気持ちを取り戻せば、しんどさからは解放されるのです。

 

それまでは、今までの恋愛を振り返り、自分をみつめ直す時間にしてみましょう。失恋を振り返るだなんて、酷なことかもしれませんが、終わりが来たということには、それなりの何か理由が必ずあるものです。

どうしてこうなったのか、そして、こうなったことで得たものは何なのか?

 

懸命に恋愛をしてきて、今、ふと立ち止まっている状態で、周りをよく見てみたら、家族や友達のあたたかさに改めて感謝できたりしませんか?

そんなことをたくさん感じることができると、失恋したんだということを実感し、ちゃんと理解することがまた、立ち直る力となるのです。

 

そのことについて、 失恋に感謝!?失恋の悲しみから立ち直る時は、感謝で溢れている?の記事でお話していますので、あわせて読んでみてくださいね。

 

また、ドーパミンというのは、幸せホルモンですので、美味しいものを食べて、美味しいなぁと思った時にも分泌されますから、美味しいものを食べて気持ちを満たすこともいいかもしれません。

ただ、依存してしまうと、気づいた時には激太り!なんて大変なことになりかねないので、注意してくださいね。

 

生きている幸せを感じよう

何はともあれ、あなたは元気に生きている。

それが何より一番大切なこと。

ドーパミンの分泌もいずれは元に戻る、そう、本当に人ってすごいなと思うのは、結局は元気になるようにできているのです。

 

どんなことがあろうと、どんな気持ちになろうと、あなたは生きている

それがどんなに素晴らしいことか。

生きてさえいれば、やろうと思えば何だってできるんです。生きてさえいれば、必ずまた元気に恋愛をすることができる日が来るので、大丈夫です。

 

 

まとめ

いかがでしたか?失恋してしんどいのは、幸せホルモンのドーパミンの働きが大きく作用していた、というお話でした。

失恋て、心の問題で、なかなか科学と結びつけられることじゃない感じがしますが、脳内分泌ホルモンが関係していたんです。

科学的側面からも失恋を説明できる、という事実を、今は辛くても、元気になれる時が来るんだなという強い力に変えて、今を生きてください。

 

必ず元気になれるから。

大丈夫です。

 

ご要望にお応えして、
ゆうこの失恋期〜幸せまで、
濃密情報、メルマガで絶賛配信中!

 

 

♡ブログランキングの応援をよろしくお願いします

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング